台北。迷いながら辿り着いた”孔子廟”!!

今回は載せるのを忘れていたスポットをご案内。

台北に初めて降り立った際にどこかもわからずふらふらと彷徨い行き着いた”孔子廟”です。

一応行こうと考えていたので方角は合って彷徨っていましたがまだwi-fiもfreeの分しか繋がらず、適当に進んだ結果なんとか着いたといった感じです。

刊行される方も、お寺は”龍山寺””行天宮”などメジャーどころは抑える筈ですがこの”孔子廟”はどうでしょう、案外外される方もいらっしゃるとおもいます。

なんせ場所が微妙なもので。”迪化街”が割と近いからセットで回ることもできるかもしれません。

というわけでその流れ着いた”孔子廟”をざっくりと見て回りました。

 

萬仭宮牆19

すごく立派な建物です。石像と木造が折り重なって独特の色使い、なかなかに楽しめそうです( ゚∀゚)

 

 

 

萬仭宮牆18

敷地内には池もあってこのように橋も架かっております。けっこう広くてびっくりです。

 

 

萬仭宮牆17

鯉の噴水。真上を向いて水を吐き出しております。池の中には本物の鯉。

 

 

萬仭宮牆16

意外と緑もあって癒されますね♪ベンチがあったらピクニックがしたいほどです。

 

 

萬仭宮牆15

案内図がどこにあるかもわからなかったので適当に空いてる所に亜氏を運びます。さっきも来たかのようなデジャブに陥ります。

 

 

萬仭宮牆14

ちらほらと観光客もおられます。大人気とまでは言わないもののなかなかの盛況ぶりです。

 

 

萬仭宮牆13

如何にも”学べます”みたいな面構えをしております。

 

 

萬仭宮牆12

リスもお出迎え。こちらを住処にしているようです。家族なのか数匹見受けられました。

 

 

萬仭宮牆11

盆栽らしきものも置かれて異国ながらもつながりを感じることができました。なかなか立派なBONSAIです。

 

 

萬仭宮牆10

道路もタイル貼りのようでこの辺は昔からあまり変わっていないのでしょう。そこがまた良いのです。

 

 

萬仭宮牆09

屋根の先をクローズアップ。龍や馬の躍動感が素晴らしいですね。彫刻物としても見るだけで飽きません!

 

 

萬仭宮牆08

お供え物がいっぱい。台湾の寺院はどこへ訪れてもお供えがない日はない信仰深いお国です。

 

 

萬仭宮牆07

扉にも人物像が。こちらは比較的最近描かれたようにも見えます。

 

 

萬仭宮牆06

おしゃれな提灯。夜に来ても風情がありそうですね。

 

 

萬仭宮牆05

すぐ後ろには現代の建物が、、、土地が狭いところでは日本も似たようなもんですね^^;

 

 

萬仭宮牆04

ツアーの方らしき人がガイドさんの話を真剣に聞いておられます。邪魔にならない程度に盗み聞き(´∀`*)

 

 

萬仭宮牆03

図太いパイプが無骨に剥き出ていますがこれもまた愛嬌。

 

 

萬仭宮牆02

色鮮やかで細かい装飾が施された建物は必見です。

この時のコースはこのあと忠烈祠の交代式を見に行きました。場所が微妙だったのでココからはタクシーで、10分程度で到着します。

是非お時間があれば行ってみてください。

 

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

参考サイト

トリップアドバイザー

4travel 

旅々台北 

 

 

 

地図はこちら!!!

 

 

ストビュはこちら!!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA